飲食店の集客効果を高める|企業をターゲットにした誹謗中傷が問題

店舗

インターネットを活用

レストラン

ネガティブ情報の検索表示結果を下げる方法

飲食店の集客を高めるにはインターネットホームページや、口コミで良い評価を記載されることが大切だ。しかし、最近は企業などをターゲットにした誹謗中傷が問題になっている。企業の悪質な嫌がらせ、企業の製品・サービスに関する根拠のない事実をインターネット上に書き込むという誹謗中傷といった内容が一例である。こういった誹謗中傷された記事、掲示板の内容が、検索サイトの上位結果に表示されたら、企業の損害も大きなものとなる。お客様からの信頼の低下、製品・サービスの売上に影響、取引先への信用問題等に繋がるケースも珍しくない。最近は、このような誹謗中傷に該当するネガティブ結果の検索順位を下げる誹謗中傷対策を展開する企業も多い。このような誹謗中傷対策を代行してくれる企業は、独自の検索エンジンでネガティブ情報を検索し、最終的には実績・ノウハウのある人の目視によって、検索順位を下げる等の適切な処理を行ってくれる。

企業内で実践できる誹謗中傷対策

企業内での誹謗中傷対策を実践していくのも効果的な方法である。誹謗中傷では、社員あるいは離職した元社員が、自身あるいは自身が所属していた会社に対する悪口、嫌がらせを投稿する場合も少なくない。こういうケースでは、社員就業規則にSNS、ブログ等に企業ならびに企業の製品情報・サービス情報に関する書き込みを厳禁する内容、あるいは発見した場合の対処を明記するのも一つの誹謗中傷対策と言える。企業に対するネガティブ情報を消す、検索順位を下げるという誹謗中傷対策は、誹謗中傷が投稿されてからの対応となるが、企業内で誹謗中傷が投稿されにくい環境を作っていく事は、誹謗中傷の件数を低くしていくという一定の効果をもたらすと考えられる。

パソコン

匿名だからこそ多い

企業の評価はとても大切なもので、悪い評価があると企業の信頼や顧客も離れていってしまう可能性があります。しかし、インターネットは匿名で投稿出来るので嫌がらせのような誹謗中傷もあり、企業は誹謗中傷対策をしっかりと行なう必要があります。

パソコン

検索の順位を下げる

インターネットの検索エンジンは人気のサイトなど上位にあがってくるもので、悪い評価のものが上位にあがると多くの人目についてしまいます。そのため、誹謗中傷対策として順位を下げるなど業者に依頼することで行なってもらうことが可能です。

男性

適した場所を選択

テレマーケティングを行なう場合、まずは専門業者などに依頼をすることが良いと考えられます。しかし、依頼先によって効果は違ってくる可能性もあるので実績があり、安心して任せられる企業を見つけて依頼すると良いでしょう。