飲食店の集客効果を高める|企業をターゲットにした誹謗中傷が問題

店舗

匿名だからこそ多い

パソコン

インターネット上の誹謗中傷とは

今では誰もがインターネットに接続できる時代です。そのため、インターネット上へ自分の意見を書き込むのはずいぶんと容易になってきました。以前はなにか自分の意見を書き込むためにはブログやホームページなどを持っていなければ難しかったですが、現在ではSNSや口コミサイトなどで手軽に意見を書き込むことができます。そのため、悪意を持った情報も簡単に書き込むことができるようになってしまいました。誹謗中傷の例としては、企業の社長に対して執拗に「死ね」と連呼したため、民事で訴えられたという件があります。この件では、プロバイダによって身元を特定され、その上で起訴されました。このように、インターネットは匿名であると思われがちですが、実はプロバイダやサーバーなどでは書き込んだ人の身元がわかるようになっていることも多々あります。

今後の誹謗中傷対策として

このように、誹謗中傷対策としては、プロバイダやサーバー管理人などに連絡をした上で書き込み人を特定して訴える、訴えるまでいかないまでもプロバイダやサーバー管理人側から忠告をしてもらうという方法があります。この他の誹謗中傷対策として、前述の方法と並行して、誹謗中傷されたウェブサイトの検索順位を下げるという方法があります。検索順位を下げることによって、なるべくひと目につかないようにしてしまおうという方法です。この方法を同時にとることによって、書き込みの元を絶ちながら、同時に書き込まれた文章もひと目につかなくするという誹謗中傷対策とまります。誹謗中傷対策は、複数の方法を取りながら、同時に行ったほうが効果的です。行われた方法に適した対策を取りましょう。